MENU

カードローンのお試し診断って?

カードローン,お試し診断

銀行カードローンや消費者金融でお金を借りたいときに

 

「審査に通るのかな?」
という疑問がありますよね。

 

あと、一度審査に落ちた経験のある方なら
「審査が甘いところってあるんだろうか?」
という不安があると思います。

 

そのために、簡単な質問を入力して借入できるかどうかの判定をする、「お試し診断」があります。

 

このページでは大手カードローン会社のお試し診断はどんな感じなのか?

 

診断結果は正しいのか?

 

について書いていますので、これからカードローンの借入を検討している人はぜひ最後まで読んでみてくださいね^^

 

カードローンお試し診断のイメージ

いろんな消費者金融や銀行カードローンがありますが、聞かれる項目はとても似ています。

 

大手カードローンサービスのプロミスを例にして説明しますね(*^0^*)

 

プロミスのお試し診断

プロミスの公式サイトにいくと以下のようになっています。
カードローン※お試し診断が簡単なのはどこ?徹底比較

  1. 少ない入力項目で、あとは電話でご確認【カンタン入力でお申込み】
  2. Webですべてのお手続きが完了!フル入力でお申込み
  3. お借入シュミレーション 3項目の入力で簡単3秒診断!

 

この中で、お試し診断に当たるのは【お借入シュミレーション】です。

 

診断するときは、青色のボタンを押してくださいね。

 

そして入力する項目は

  1. 生年月日
  2. 年収(税込み)
  3. 現在の他社借入金額

の3つです。

 

ここで注意は、他社借入金額です。

 

クレジットカードでの買い物や住宅ローン、車のローンは含みません。
あと、カードローンがあったとしても銀行カードローンの場合は含めない金額を記入しますよ。

 

これがプロミスのお試し診断(借り入れ診断・借り入れシュミレーション)です。

 

3秒で入力できるかはわかりませんが^^; 10秒くらいでは誰でもできそうですよね^^

 

ちなみに診断結果はこのような例になります。
カードローン,お試し診断

 

プロミスのお試し診断はこちら

 

 

アコムのお試し診断

アコムのお試し診断はプロミスとほとんど同じです。

 

アコム公式サイトのトップページにある【お借入可能かお試し! 3秒診断】というピンクのボタンがあるのでそれを押して診断します。

 

アコムもプロミスもどちらも「3秒」といっていますね^^;

 

ちなみに本当に3秒でできかはけっこう微妙だと思いますよ・・・もたもたしてたら3秒なんてあっという間ですから^^

 

アコムのお試し診断で聞かれる項目は

  1. 年齢
  2. 年収(総支給額)
  3. カードローン他社お借入状況

です。

 

プロミスは生年月日だったのですが、アコムは満年齢ですね。
この点はアコムのほうが簡単です。

 

あとカードローン他社お借り入れ状況で銀行カードローンを除くのはアコムもプロミスも同じです。

 

アコムのお試し診断(正式名称:3秒診断)結果は借り入れできる場合

お借入れできる可能性が高いです。
このままインターネットから24時間お申し込みいただけます。

という画面表示になります。

 

そしてプロミス同様今すぐ申し込みできるようになっています。

 

アコムのお試し診断はこちら

 

 

 

SMBCモビットのお試し診断

SMBCモビットのお試し診断は正式名称「10秒簡易審査結果表示」です。

 

カードローン,お試し診断

 

みてみると結構入力項目が多いので、入力するのが10秒ではなく「簡易審査結果が出るまでに10秒」なんでしょうねたぶん。。。

 

公式サイトの「シュミレーション」ページに「お借入診断」があったのですが、スマホからだと入口がちょっとわからないです。。

 

PCのお借入診断に必要な項目は

 

生年月日・税込み年収・現在他社借入額(銀行カードローンをのぞく)となっているので、プロミスと同じです。

 

SMBCモビットのお試し診断はこちら

 

 

お試し診断ができるカードローン一覧

プロミスの詳細・申込はこちら

 

アコムの詳細・申込はこちら

 

SMBCモビットの詳細・申込はこちら

 

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックはこちら

 

三井住友銀行カードローンはこちら

 

みずほ銀行カードローンははこちら

 

 

お試し診断の結果って信用できるの? 注意すること

カードローン,お試し診断

プロミスやアコムに限りませんが、お試し診断で出た結果というのは、あくまでも簡易的なものです。

 

「ご融資可能と思われます。」(借り入れできる)と出ても、後の本審査で借りれない、希望額まで借りれない、ということはよくあるので、仮の診断であるということを知っておいてくださいね。

 

どれくらいの割合で本審査に通過するかは、その人の属性によるのでなんとも言えません。

 

80%くらい通過しますよ!と言ったところで、あなたが80%に入るか20%に入るかは全く予想できないことなのです。

 

ちなみにプロミスの場合は、以下の注意書きがあります。

※診断結果は簡易的なものです。実際のお申込みでは、より詳細なお客さま情報に基づいてご審査いたしますので、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。

 

アコムの注意書きは以下です。

※診断の結果は入力いただきました情報による簡易なものとなります。
※実際のお申し込みでは、当社規定によりご希望に添えない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

SMBCモビットの注意書き

※お借入診断において算出される結果は、簡易的なものであり、結果を保証するものではありません。
※実際の申込につきましては、より詳細な情報に基づき審査いたします。当社規定により、希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 

これは、他社のカードローンでも同じなので、診断結果は100%確実なものではないとおぼえておきましょう(・∀・)!

 

 

お試し診断をするとココが便利!

お試し診断をするとその診断結果の画面からそのまま借り入れ申込みに進むことが可能です。
生年月日などをもう一度入力し直す必要がないんですね^^
カードローン,お試し診断
入力の手間がはぶけて手続きが簡単になり、時間も早くなるのがお試し診断のメリットです。

 

↓今すぐクリック↓

カードローン,お試し診断

更新履歴